写真 コラム 開発室
HOMEコラム自然風景写真のあるべき姿
キーワード
撮影

自然風景写真のあるべき姿

自然風景写真のあるべき姿

はじめに

自然風景写真とはどうあるべきか。

この問題は過去に様々な所で散々議論が繰り返されてきたが、そもそも答えが出るものではないということを前提として語らなければならない。

と、これで終わってしまっては身も蓋も無いので、自分にとっての自然風景写真の在り方をつらつらと書いていきたい。

自然風景写真とは何か

ヌプツェと彩雲

そもそもそれ自体に明確な定義があるわけではないが、自分にとって自然風景写真とは「主題となる被写体が自然に存在した状態で写っている写真」だと考えている。 存在したものというのは、物体として存在していたという意味だけではなく、色やコントラスト、光の強弱なども含めて考えている。

逆に言えば「そこには存在しなかった状況が写っている写真」は自然風景写真とは言えないと考える。 合成写真はもちろん、現実にはなかった色、現実ではありえないほどのコントラスト、やたら強調された光など。 驚くほど鮮やかな紅葉や、ありえない程くっきりと見える天の川の写真などはもはや写真ではなくCGと言った方が良いのではないだろうか。

もちろんそれらが自然風景写真として認められないからといって、作品として意味や魅力がないかと言えばそうではない。 「自然風景の写真を元にして作られた一枚の絵」として考えればそれもまたひとつの作品の在り方だと思う。

でもそれは自然の風景とは言えないだろう、というだけのことで。

長時間露光の写真は自然風景か否か

春の天の川

これはなかなか難しい問題だ。

長時間露光で星の軌跡や車のライトなどを線として表現することがある。 あるいは肉眼では見えないほど暗い星まで写った写真も見ることがあるだろう。 だがその風景を肉眼で見たとして、そのように見えることはありえない。 そうなったとき、それは自然の風景と言えるのだろうか。

これは自然の風景に含めても良いと思っている。

確かに肉眼でそれを見ることはできないが、その写真に写ったものは現実に存在する光をセンサーなりフィルムなりが感じ取ったことによって作り上げられたものだからだ。 肉眼でも暗闇に慣らせば多少は見えるようになるし、光が動けば残像を見ることもある。 そもそも肉眼とカメラでは構造が違うのだから見え方が違うのも当たり前だ。 問題はそれぞれが見た物が自然に存在するものだったのかどうかだという点にあると思う。

不自然な写真と人間の感性

しかし世の中は不自然な写真で溢れている。 いわゆる「加工しすぎ」と言われる写真たちだ。 やたらと彩度が高くてくっきりとハイコントラストに仕上げられたものや、ホワイトバランスをいじって印象的な色に仕上げたものが大量に出回っている。

しかし不思議なもので、世の中の多くの人はそういった写真の方を好む傾向がある。 これは本能的なものだろうからそれだけをして悪いことだと言えるものではない。 基本的に人間は色鮮やかなものや珍しいものに感動するようにできているからだ。

例えばスマートフォンのカメラでは撮影時に自動的に彩度やコントラストに補正をかけるものも多い。 コンパクトデジカメや一眼レフでもそういった撮影モードを搭載したものがほとんどだ。 要するにそれを求める人が多いからそうした機能が搭載されるということだろう。

現実世界はそんなに鮮やかではない

降り注ぐ光

現実の風景をじっくりと観察していれば気付くことだが、現実のほとんどはそんなに色鮮やかでもハイコントラストでもない。 紅葉の最盛期にそれを見に行ったとして、しっかりと観察すればそれがさほど鮮やかな色をしていないことに気が付くはずだ。 赤やオレンジ・黄色といった葉の色も、原色のような色ではなく自然な風合いの少し控えめな色をしている。 それでもそれを美しいと感じているはずだ。

にもかかわらずその色では満足できずに写真を加工してしまうのはなぜだろうか。 それは恐らく「もしこの色が現実にあったらもっと素晴らしい風景になるに違いない」という思いがあるからではないだろうか。 実際にその加工後のような色のついた風景が現実に存在したとしたら、それを撮った写真はさぞ素晴らしいものになるだろう。

小宇宙
虹の衣
青い闇
錦繍輝く

そんな信じられないような光景が本当に稀にだが現実で見られることがある。 先程「現実のほとんどはそんなに色鮮やかではない」と言ったが、その「ほとんど」以外が稀に存在するのも事実だ。 その瞬間を写真に収めることができたら、それが本当に素晴らしい自然風景写真となるのだと思う。 本来ならばそういった写真だからこそ価値があったはずなのだが、現代ではあまりにもお手軽に「素晴らしい風景」を作れるようになってしまった。

その写真を仕上げる目的を考える

結局のところ、その写真をどのように仕上げるべきかというのは、その写真をどのような目的に使いたいのかという点に係ってくるだろう。

自分の場合は「この世界に存在する存在する美しい自然の風景を皆に見てもらいたい」という動機がある。 つまりその写真が現実離れしているのは良い(実際に現実にあったのだから)が、加工して現実以上になってしまっていては目的を達成できないことになる。 それはもはや自分が見た風景ではないのだから。 そうならないように、現像作業をする際は肉眼で見た印象を超えないよう特に注意している。

あるいはそうした目的ではなく、単に「一枚絵として美しい風景の画像を作りたい」という点が目的ならば、好きなように加工すれば良いだろう。 現実に存在しない風景の絵画でも、それが美しければ人間は感動する。 ファンタジーの世界にも美しい光景はたくさんある。 現実ではないということと美しくないということはイコールではない。

だがそういった作品は自然風景を名乗るべきではないと思う。

撮って出しは正義か

時々「撮って出しこそ正義」という意見を聞く。

これは自分でも一番悩む部分だ。 撮って出しは露出さえ失敗しなければ、色もコントラストもカメラのセンサーが感じ取ったそのままの状態で写真になる。 下手に人間の手が入らないので最も自然な状態の写真とも言える。

しかし現代においても未だカメラのダイナミックレンジは肉眼に比べるとだいぶ劣る。 強い光の中で撮影すると、肉眼では自然に見えている部分でも白トビや黒潰れが顕著になる。 これはカメラの限界と言える。 人間の眼は性能が高すぎるのだ。

そうした場合、それを撮って出しで仕上げると肉眼の印象とは大きく異なってしまうことがある。 それが写真の味というものでもあるが、目的が「自分の見た風景を伝える」という点にある場合、撮って出しでは目的に反することとなる。

理想を言えば撮って出しで作品となるような写真を撮りたいが、現実問題としてなかなかそうもいかない、といったのが正直なところだ。 とはいえ加工の許容範囲もなかなか線引きできるものではないので、突き詰めていけば撮って出しを基本とするのが理想的だとも思っている。

自分にとっての自然風景写真とは

自分の考えに対しても未だに自信を持てない状況ではあるが、ひとつ、これだけは譲りたくないという点はやはりこれだろう。

存在しなかったものを作り出さない。

「もっとこうだったらもっと良い写真になったのに」と思うことはいくらでもあるが、現実としてそうではなかったのならその写真はそこで満足するべきなのだ。 どうしても満足できないならば、もっと素晴らしい風景を求めて撮影を続ければ良い。 いつかは本当に満足のいく風景が撮れるかもしれないし、もしかしたら一生撮れないかもしれない。

しかしどうしても撮れないからと言って、写真に嘘を塗り込んだらもはや自然風景ではなくなる。 本当にあった風景だからこそ美しく、また価値がある。

自分にとっての風景写真とはそういったものなんじゃないかと思っている。

キーワード
撮影
シェアする
サイトマップ SITEMAP 写真データ販売中! STOCKPHOTO 写真のデータ販売について 写真 PHOTO
湘南ひらつか花火大会
深山唐松
衣笠草
天空の花
車百合
白山石楠花
写真の一覧へ
エリア
ネパール 北海道 屋久島 沖縄 北アルプス 石鎚山系 剣山地 鳥取大山 くじゅう連山 丹沢・大山 富士山
被写体
河川・湖沼 森林 雲・霧 石・岩 雪・氷 生物 植物 街・集落 鉄道 神社 寺院 人物 生活
季節
時間
夕方 マジックアワー
オレンジ・黄 ピンク・紫 茶色 虹色 錦繍
キーワード
石鎚神社
販売
Aflo PIXTA imagemart
タグ
トップ画像 傑作選
コラム PHOTO BLOG
コラムの一覧へ
カテゴリ
撮影 道具
開発室 DEVELOPMENT BLOG
開発室の一覧へ
カテゴリ
ASP.NET Core C# WordPress PHP TypeScript JavaScript
サイトマップ SITEMAP
スタジオ旅路
https://tabiji.gallery
渡邊 佑
tabiji.gallery (c) 2020 Yu Watanabe サイトマップ SITEMAP 写真データ販売中! STOCKPHOTO 写真のデータ販売について 写真 PHOTO
湘南ひらつか花火大会
深山唐松
衣笠草
天空の花
車百合
白山石楠花
写真の一覧へ
エリア
ネパール 北海道 屋久島 沖縄 北アルプス 石鎚山系 剣山地 鳥取大山 くじゅう連山 丹沢・大山 富士山
被写体
河川・湖沼 森林 雲・霧 石・岩 雪・氷 生物 植物 街・集落 鉄道 神社 寺院 人物 生活
季節
時間
夕方 マジックアワー
オレンジ・黄 ピンク・紫 茶色 虹色 錦繍
キーワード
石鎚神社
販売
Aflo PIXTA imagemart
タグ
トップ画像 傑作選
コラム PHOTO BLOG
コラムの一覧へ
カテゴリ
撮影 道具
開発室 DEVELOPMENT BLOG
開発室の一覧へ
カテゴリ
ASP.NET Core C# WordPress PHP TypeScript JavaScript