写真 ブログ 開発室
HOMEブログピクトリコの50枚入りバルク品で印刷コストを大幅削減
キーワード
写真 道具

ピクトリコの50枚入りバルク品で印刷コストを大幅削減

ピクトリコの50枚入りバルク品で印刷コストを大幅削減

ピクトリコの安くて枚数の多いバルク品

ピクトリコから枚数が多くて価格の安いバルク品が売り出されていることをご存知だろうか。

例えば自分が良く使うピクトリコプロ・セミグロスペーパーA3ノビは通常製品では20枚入りだが、バルク品では50枚入りのものがある。 価格も2023年4月12日現在、通常の20枚入りが5,520円バルク品の50枚入りが7,568円となっている。

1枚当たりの印刷コストが大幅ダウン

2023年4月12日現在の販売価格で比較すると、ピクトリコプロ・セミグロスペーパーA3ノビ1枚当たりのコストは以下のようになる。

商品1枚当たりの価格
通常商品(20枚入り)276円
バルク品(50枚入り)151円

半額とまではいかないが、なんと1枚当たりで約45%も安くなるのだ。

写真の印刷コストと言えばインク代ばかりが気になるかもしれないが、良い紙を使おうと思うとその用紙代もなかなか馬鹿にできない。 作品へのこだわりが強くなってくると色の調節で試し刷りをする回数も増えるもので、毎回用紙代だけで120円削減できるというのはかなり大きいと言える。

色々なバルク品を探す

残念ながらすべてのピクトリコ製品に対してバルク品が売られているわけではない。 恐らく一部の需要の多いものだけだと思われるが、現時点で見つかっているものをピックアップしてみた。

あるいはその時々によって別の製品もバルク品として売られている場合があるので、各通販サイトで検索してみるのも良いだろう。

Amazonでピクトリコのバルク品を探す

バルク品の注意点

ひとつだけ注意点を挙げるとすれば、通常の製品とは異なり茶紙で包まれただけの簡易包装であるという点か。

通常のピクトリコ製品はダンボールで作られたパッケージに用紙が入っている。 そのため多少パッケージの角が何かにぶつかったりしてもそうそう中身の用紙が痛むこともない。 しかしバルク品は茶紙で包まれているだけだ。 中身の一番上と下に厚紙が入っていて多少保護されているが、さほど強固なものではない。 配達の際にそういった部分が問題になる可能性は捨てきれない。

それでもこの安さを考えれば試す価値は充分にあるだろう。

キーワード
写真 道具
シェアする
サイトマップ SITEMAP 広告 写真 PHOTO
年度
2024 2023 2022 2021 2020 2019 2018 2017 ~2016
アルバム
傑作選 北海道 石鎚山系 ネパール 屋久島 北アルプス
写真の一覧へ
ストックフォトで作品を探す
JOURNEY
2020年 冬の屋久島歩き旅
2019年 厳冬期北海道徒歩横断
旅の一覧へ
ブログ BLOG
カテゴリ
写真 よもやま話
タグ
スポット 道具 心得
ブログの一覧へ
開発室 DEVELOPMENT
カテゴリ
ASP.NET Core C# WordPress PHP TypeScript JavaScript Web
開発室の一覧へ
広告
サイトマップ SITEMAP
スタジオ旅路
https://tabiji.gallery
渡邊 佑
tabiji.gallery (c) 2020 Yu Watanabe サイトマップ SITEMAP 写真 PHOTO
年度
2024 2023 2022 2021 2020 2019 2018 2017 ~2016
アルバム
傑作選 北海道 石鎚山系 ネパール 屋久島 北アルプス
写真の一覧へ
ストックフォトで作品を探す
JOURNEY
2020年 冬の屋久島歩き旅
2019年 厳冬期北海道徒歩横断
旅の一覧へ
ブログ BLOG
カテゴリ
写真 よもやま話
タグ
スポット 道具 心得
ブログの一覧へ
開発室 DEVELOPMENT
カテゴリ
ASP.NET Core C# WordPress PHP TypeScript JavaScript Web
開発室の一覧へ